お知らせ

10月1日から異なるワクチン同士の接種間隔が一部変更されます。

異なるワクチン同士の場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、一定の間隔をあける必要があり、これまでは生ワクチンの後は接種してから27日以上、不活化ワクチンの後は接種してから6日以上の間隔をあけないと次のワクチンを接種することができませんでした。

令和2年10月1日から、その制限が一部緩和され、今後は注射の生ワクチン同士のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチン同士については制限がなくなりました。

ただしあくまでも異なるワクチン同士の接種間隔についてですので、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔のスケジュールは従来どおりとなりますのでご注意ください。

すべてのお知らせを見る
HOME